PROGRESS21 BOOK3 LESSON3 和訳

Scene1:  I love the sound of those roaring jets.

多くの友人がグリーン一家を見送りに来た。ジョーとメアリーは、ライトが点灯しジェットが唸る空港の面白い景色を楽しんでいる。

ジョー:ぼくはあの唸るジェットの音が好きなんだ。面白くないかい?

メアリー:私飛行機が離着陸しているのを見るのは面白いけど、飛んでいるときのことに関しては話が違うわ。

ジョー:きみは怖がっているわけじゃないよね?アメリカを横断して戻って来たんだよ。

メアリー:私こんなに長い時間あそこに座っているのは好きじゃないわ。

ジョー:まあ、きみが気づく前にロンドンに着いてるよ。旅行を楽しんでおいで。

メアリー:ねえ、私を見送りに来てくれてありがとう。

Scene2:  I see a faded denim jacket in an overpacked backpack.

自分の財布がポケットの中になかったのでトムはパニックになった。メアリーは彼がトイレに行く前にジャケットのポケットに財布を入れて、カバンの中にジャケットを入れるのを見た。

トム:ああ、なんてことだ。財布がどっかいった。盗まれたんだ。

メアリー:いい、トム、パニックにならないで。わたしの特殊な探偵力であなたのなくした財布を見つけるわ。

トム:ぼくたち冗談言ってる時間ないよ。ぼくたち飛行機に乗らなきゃいけないのに。

メアリー:アブラカタブラ!詰め込んだリュックの中に色あせたデニムジャケットが見えるわ。

トム:それにそのポケットの中に財布がある!そうだ!ジョーンのところに行く時そこに入れたんだ。

メアリー:どうだった?それとイングランドに行く時あなたは「トイレ」と言わなければならないわ。

Scene3:  The seats assigned to us were quite noisy.

グリーン一家はヒースロー空港に着き、ジャクソン一家は彼らを迎えに来た。

ジャクソン:イングランドへようこそ、ヘンリー。君たちが順調な空の旅をできたなら良かったのだが。

グリーン:ありがとう、ジェームス。そうではあったけど、私たちに与えられた席がエンジンの近くで、すごくうるさかったな。

ジャクソン:向こうにいるのは子供達だね?自動販売機の横に立っている女の子は私の娘さ、スーザン。

グリーン:そしてお土産を見ている若い男はきみの息子のロバートだね?

ジャクソン:うん、彼は「ロブ」って読んでほしいみたいだけど、君はどう思う?

グリーン:ああ、彼はちょうど数年前の君みたいに見えるね。