ELEMENT2 LESSON6 Caddy for Life 和訳

1

ブルース・エドワードはゴルフの世界では、よく知られていた。しかしながら、彼はゴルファーではなく、キャディーで、49歳で亡くなった。

2

ブルースが1973年に高校を終えた時、ゴルフをしたり大学へ行ったりするより、キャディーをすることに興味を持っていた。ある日、彼は若きトム・ワトソンに会った、彼はのちに偉大なゴルファーになるのだが。彼は、キャディーとしての仕事を求めてワトソンに頼んだ、そしてそれが彼らの長い関係の始まりだった。

3

その当時、キャディーは、選手のためにただゴルフバッグを運んだものだった。ブルースは違った。彼がコースの状態やどの地点からでもホールまでの距離を選手に伝えられるように、毎朝コースを歩いた。

NEW WORDS and PHRASES

golfer: ゴルファー  caddy: キャディー  relationship: 関係  distance: 距離  spot: スポット  in those days:その当時  so that S can do: ~なので、Sがdoできるように  

4

 また、ブルースは決して意見の違いを恐れなかった、そしてワトソンはそれを受け入れた。ある日ワトソンがグリーンへ直接乗せるより、安全な短いショットを打ちたがった。しかし、ブルースは、怒って主張した、「そうする必要はない。あなたは、ここからグリーン上にこのボールを打つ事ができます。」ワトソンはしばらく考えてから、グリーンのちょうど右へボールを打った。

5

 ブルースがキャディーをしている間、ワトソンは多くの勝利をつかんだ。

*分詞構文  While( When ) Bruce was his caddy, Watson had many victories. 

しかし、これらの輝かしい年月ののち、ワトソンはプレイを減らして家族ともっと過ごす事を望んだ。ある日、ワトソンは、もしよい機会があるなら、誰か他の人のために働くようにブルースに促した。

*encourage + 人 + to ~: 人に~するようにけしかける、勇づける、仕向ける

そう言う事は、ワトソンにとっては心苦しいことだったし、それを聞くのはブルースにとっても同じぐらい傷ついた。それについてよく考えた後、彼はグレッグ・ノーマンのために働くことを決めた、彼は、その時世界でナンバー1のプレイヤーだった。

6

一日目から、ノーマンとの生活は全く違っていた。彼は、プライベイトジェット機に乗り、世界中でゴルフをプレーしたりコースをデザインしたりスポンサーに会ったりしていた。ブルースは、沢山お金を稼いだが、単純にワトソンといることとは同じではなかった、ワトソンは上司であると同時に彼の親友でもあたのだ。ワトソンも同じように感じていた、ブルースは3年の別れの後1992年に彼の元へ戻った。

NEW WORDS and PHRASES

disagree: 同意しない  accept: 受け入れる  shot:1打  rather: かなり、むしろ  directly:直接  go for A:        for a while:しばらくの間  glorious: 輝かしい  opportunity: 機会  heartbreaking: 胸の痛む  equally: 等しく、対等に  think over A: Aをよく考える  sponsor: スポンサー,出資者  private: 個人の、個人的な  jet: ジェット機  separation: 別れ  

7

彼らは再び一緒にプレーすることを楽しんだ。しかし、2002年に問題がグルースをおそった、彼のスピーチが不明瞭になり、ひどくせき込み始め、左手で旨く者が掴めなくなったのだ。その時彼は医療保険に入っておらず、それでワトソンが直ぐに医者に行くように彼に話し、請求書はワトソンに送るように言った。(*アメリカでは日本のような国民健康皆保険がなく、民間の医療保険に入っていないと受診や治療には高額の費用がかかる。)

8

予想外にも、ブルースはALSと呼ばれる病気と診断された。

*ALS:筋萎縮性側索硬化症とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気

その病気は体中の筋肉を徐々に破壊していく。医師は、彼はあと2,3年の命だろう、そして治療法はまったく知られていないと彼に伝えた。彼の健康は悪くなり始め、人々は彼がやせて弱って行くのを見た。このような状況ででさえ、ブルースはワトソンのためのキャディーを続ける事を望んだ。「彼は何が起ころうとも、精神的や感情的に簡単にあきらめようとしないんた。」とその当時ワトソンが言った。

*no matter what:何が~しようとも

NEW WORDS and PHRASES

unclear: はっきりしない  cough: 咳、咳をする  grab: つかむ  medical: 医療  insurance: 保険  unexpectedly: 予期しないことに  throughout:いたるところに、~のすみからすみまで、~じゅうくまなく、すっかり muscle: 筋肉  worsen: 悪化する  emotionally:  感情的に    

9

2003年、ワトソンとブルースはUSオープンに現れ、そこで世界の注目を浴びた。53歳のUSオープン大会のかつてのチャンピオンは、首位を1打差で追っていた。ブルースはかろうじて歩けたのだが、キャディーとして彼に同行していた。そこにいる誰もがブルースの物語について知っていて、他の155名の選手は重要でなくなっていた。

10

ワトソンとブルースはこれが注目を浴びて一緒にいられる最後になるだろうと分かっていた。ティーに行くといつでも、全ての観客は「ブルーース、ブルーース!」と彼の名前を呼び始めた。それは、されについてのそしてかれら二人に対しての瞬間だった。

11

ワトソンは優勝しなかったが、全てのテレビインタビューで、ブルースとALSのさらなる研究をするための基金の絶対的必要性について話した。その頃、ブルースはテレビで、「トム・ワトソンのような友人を持てることは信じがたい事です。私がどんなに幸運に感じているか言葉になりません。」と言い、彼はそのあとワトソンに「トム、私は全てをやり尽くしたよ。」と言った。

NEW WORDS and PHRASE

champion: チャンピオン、優勝者  barely: かろうじて  accompany: 同行して  footnote: 脚注  become a footnote: 脚注、重要でないもの              spotlight: スポットライト、注目の的  tee: ゴルフのティー  desperate: はなはだしい、極端な  funding: 基金  research: 研究、調査  incredible: 信じがたい  have done it: やり遂げた