ELEMENT3 LESSON3 Environment or Orangutans? 和訳

1

*野生の中で偉大なる類人猿に会うために、あなたはほとんど準備をしなくてよい。

解説 *prepare+目的語+for~:~するために、(目的語)を準備する

               Few things prepare you...は目的語のfew things を強調する為に文頭にもってきた倒置、主語はyou

*動物について感傷的になるのは、あまりにも簡単だ。

  *It is too~      to..........:あまりに~で........できない、  ........するにはあまりに~だ

  

しかしたとえそうであっても、ボルネオの熱帯雨林を通って2,3時間の厳しい徒歩の後に、私達の頭上高くに類人猿を初めて見れば、わたしたちは不思議な沈黙に陥る。驚くべき森の人類、オラウータンがここ自然の生息地にいたのだ。完全に野生で、完全に人間に慣れているというわけではなく、私達の存在に気がついているが興味がなく、大きな猿人類がまるで体操選手のように木々の間をゆっくりと揺れていたのである。ボルネオの心臓部は、自然はコントロールできないか破壊されていないようだ。実際、それが蝶の羽のようにもろいということを忘れるのは、全く簡単だ。

 

WORDS and PHRASES

ape:類人猿  wild:野生  sentimental:感傷的な     a couple of~:2,3の~  rainforest:熱帯雨林  habitat:生息地  presence:存在(すること)   huge:巨大な    gymnast:体操選手   destroy:破壊する   fragile:もろい   butterfly:蝶

 

2

国連環境プログラムの新しい報告書である「オラウータンの最終的立場」は、2020年初めまでに、ボルネオとスマトラの熱帯雨林は消滅してしまうであろうと主張している。これは、野生のオラウータンが間違いなく絶滅することを意味している、そしてその数は、過去2,30年で既に減り続けているのだ。それでは、この深刻な破壊状態の原因は何なのだろう。主に、それはヤシ油大農園の劇的な増加と主張されているが、実際、彼らの最後に残っている生息地から彼らを追い出すことによって、これらの猿人類を殺しているのだ。ほとんどの人が、ヤ油によってもたらされる脅威に気が付いていない。ヤシ油がこのように人気のある製品になった主な理由の一つは、環境に優しい燃料源としての代替物として増えているということだ。実際、緑を気に掛ける人々によれば、ヤシ油は、地球温暖化を止める事をもたらすことによって世界を救う助けになり得る。しかし、それを行うことで、地球上でもっとも愛されている種のひとつの絶滅を引き起こす危険があるのだ。

 

WORDS and PHRASES

United Nations:国連    environment:環境   claim:主張する    vanish:消える、消滅する、絶滅する   extinction:絶滅    reduce:減らす     decade:10年            cause:原因              severe:深刻な、厳しい    destruction:破壊(行為), 破壊状態⇔construction(建設)            increase増える、増やす                   palm:ヤシ   plantation:栽培場、植林地、大農園       remaining:残っている  be aware of~:~に気がついて   product:製品  alternative:代わるもの  environmentally-friendly:環境にやさしい    fuel:燃料    source:源、産地   indeed:実際    according to~:~によると   bring about:引き起こす 

 

 

3

ヤシ油は、アフリカのオイルヤシの果実からてに入れられる。それは、何世紀にもの間西アフリカで料理に使われてきた、そしてより最近は、工業用目的で広く使われている。実際、イギリスの産業革命のエンジンのいくつかは、西アフリカのヤシ油で動かされたし、その油は石鹸製造業でも使われている。20世紀の間は、ヤシ油の使用は徐々に減ったが、しかし最近では再び人気なっている。イギリスでは、石鹸から口紅、マーガリン、全ての種類の既成食品に至るまですべての原料として使われている。その起源はアフリカにあるけれども、今日、世界のヤシ油のほとんどは、マレーシアとインドネシア、とくにボルネオとスマトラといった巨大熱帯の島からきている。

 

WORDS and PHRASES

obtain:手に入れる    century:世紀   recently:最近    industrial:工業の   purpose:目的   indeed:実際 revolution:革命      manufacturing:製造の、工業の   gradually: 徐々に     decrease: 減る、減らす       recent:最近のUK:United Kingdom(英国)    ingredient:成分、原料、材料   ready-made:出来合いの、既成の   origin:起源   particularly:特に    tropical:熱帯の 

 

 

4

多くの人にとって、これはよいことだ。ヤシ油は世界の貧しい地域の為の貴重な所得を生み出しているだ。それは、健康的でもある、しかし、ヤシ油は世界的注目に焦点を当てさせる地球温暖化と戦う可能性がある。ヤシ油はまた、植物由来の燃料を作りだす為に必要な原材料を含んでいて、彼らはそれが地球温暖化に貢献すると信じていないが、環境を意識する運転手たちに既に使われている。このように、それは食物中の健康的な材料であり、環境に優しい燃料源である。何が問題なのだろう?そうですね、ボルネオに少し滞在しさえすれば、この問題の答えが分かるでしょう。

 

WORDS and PHRASES

provide:供給する   valuable:貴重な  income :収入、所得  potential:可能性、潜在能力  global warming:地球温暖化

focus:焦点  raw:生の、加工していない     material: 物質          derive: 由来する   fuel:燃料       contribute to ~:~に貢献する  

 

 

5

私達は幸運にもオラウータンを見られたが、2,3日ボートに乗り、私達は他のボルネオも見た。これは自然における人類の大きな戦争の始まりだ、そしてそこは、熱帯雨林が破壊されて荒野になってしまっていた。

*destroyed to be replaced 結果を表すto不定詞が受動態になっている(破壊された結果置きけられている)

これは実際、森林伐採が作業中であるということで、さらに悪化しつつある。

*be in action:活動中、作業中である

何を切り落としていいか、何を切り落としてはいけないかをうたった、厳しい規則にもかかわらず、インドネシアのジャングルの除去の80パーセントもが、違法に実行されている。土地が除去されてしまった後で、ヤシ油の為に植林されるのだ。そして、かつてその森に家があった動物たちや植物にとって、このことは悲劇だ。ひとたび森がヤシに取り替わられてしまえば、初めの土地除去で捕まえられたり、撃ち殺されたりすることから逃れた原生の種にとってさえも、希望は全くない。

*escapeは動名詞のみをとるので、後ろのbeはbeingになっている    

*Once .....have been replaced:条件を表す副詞節なので、未来の事でも未来完了形にせず、現在完了形になる

 

 その結果は、オラウータンや他の珍しくて素晴らし種達の寄生動植物にとってひどい事になってしまっている。ヤシ油は人類の都市ジャングルで彼らの為の将来の燃料となるのは容易であろう。

*may well: mayは、can,could,mightのあとについて、[道理にかなって、もっともで、適切に、難なく、容易に]という意味になる

しかしながら、悲しいことに、それはまた驚くべき”森の住人(ここではオラウータンのこと)存在しない結果にさせるかもしれない。

*cause+目的語+to do: 目的語に~させる原因となる、結果的に~させる

ここではto不定詞が否定なので、~しない結果にさせる、~しない原因となる 

 

WORDS and PHRASES

replace:置き換わる、置き換える     wasteland:荒野、荒廃した土地    deforestation:森林破壊、森林伐採   despite:~にかかわらず  strict:厳しい    illegally:不法に   carry out:実行する   tragedy:悲劇   native:土着の、ある土地に生まれた、出生地の, 原産の, 自生の  initial:初めの   host:寄生動(植)物   rare:珍しい   exist:存在する