NEW TREASURE STAGE5 LESSON9 What Can We Learn from Art? 和訳

Section1

美術史を学ぶ

 

美術史の勉強は,おそらくは一般的な歴史の授業で学ぶよりもより文化について知識を深める良い方法でしょう。たいていの標準的な歴史の講座は,政治,経済,そして戦争を中心に進めます。しかし美術史はそれよりもはるかに多くのことに焦点を当てています。というのも芸術は,民族の政治的価値観のみならず,宗教的信条やさまざまな感情,さらに心理状態もまた映し出しているからです。そのうえ,私たちの祖先の日常の活動に関する情報すなわち私たち自身とはかなりかけ離れた人々の情報を,芸術が提供することがあるのです。要するに,芸術は時代と地域の本質的な特性を表現しており,しかもそれを学習することで,明らかにたいていの歴史の本でわかることよりも,さらに深い理解を提供してくれます。

 

Section2

洞窟芸術

 

芸術は私たちに,先史時代の人々の世界へ限定的ではありますが,入ることができるようにさえしてくれます。100を超える国々で,石器時代の人々が地中奥深くの洞窟の中や,岩の多い山の断崖の下に,驚くべき絵画を創造しました。このみごとな芸術作品は,洞窟を探検することが趣味の人々,すなわち素人の洞窟探検家らが,偶然に出くわして発見するのが通例です。彼らは四つん這いになって低く狭い地下道を這っていることがあるかもしれませんがその時,だしぬけに空間が開けて,まつすぐに立つことができるのです。彼らは驚くほど美しい魅力あふれる絵画を発見して身震いします。これらの洞窟壁画のうち最も名前が知られているものは,フランスのラスコー,そしてスペインのアルタミラにあります。それらはほとんどの場合,石器時代の人々が1万5千年~3万年前に狩っていた獲物(シカ,毛長マンモス,ウマなど)の動物を描いています。この芸術作品を創作した理由は謎です。しかし,旧石器時代(石器時代)を専門とする考古学者らは,この芸術作品は,おそらく狩りでの成功を確実にするため,あるいはクマのような何らかの動物を「神」として崇めるための,宗教的儀式の一部であったと考えています。これらの先史時代の人々に光を当てているのは,主として美術史の研究なのです。

Section3

政治的見解の表現としての芸術

 

歴史の本には国家の政治的活動について,客観的な情報が著されています。すなわち,政治についての事実は書かれていても,意見は表現されていません。一方,芸術は主観的なものです。つまり,感情や意見を反映しているのです。スペインの偉大な画家,フランシスコ・ゴヤは,おそらく最初の真に「政治的な」芸術家だったでしょう。彼のよく知られた絵画, 「1808年5月3日」では, ゴヤは庶民の一群を銃で撃っている兵隊たちを描きました。顔のない兵士たちと彼らの犠牲者たちのこの描写は,政府がその国民を支配し得る強大な権力の,そしてその権力の悪用の象徴となってきました。 100年を超える年月ののちにはパブロ・ピカソの「ゲルニカ」で,戦争の恐怖を表現するために象徴的な描写が用いられました。一方,別の大陸では,アルフレッド・ラモス・マルテイネスの作品と同様にデイエゴ・ リベラ, ホセ・クレメンテ・オロスコ, またダビッド・アルファロ・シケイロスの力強い絵画が, これらのメキシコ人芸術家たちの社会問題に対する深い怒りと悲哀を描き出しました。要するに,個人的かつ感情的な歴史観が芸術作品を通して表現できるということです。

 

Section4

宗教的信条を映し出すものとしての芸術

 

同じようにして,芸術は1つの文化の持つ宗教的信条を表すことができます。何百年もの間ヨーロッパでは,宗教美術は存在するほぼ唯一の美術様式でした。教会やその他の宗教建築物には,ユダヤ教やキリスト教の聖典である聖書に出てくる人々や物語を描いた絵画があふれていました。ほとんどの人々は文字が読めませんでしたが,それでも教会の壁の絵画の中にある聖書の物語を理解することができました。それとは対照的に, 中東における芸術の主な特徴の1つは人間や動物の偶像がないことで,それは現在でも同じです。これは,偶像は神聖ではないというイスラム教の信条(イスラム教の経典, コーランによる)を反映しています。イスラム法によると,芸術家らは小さな日用品(例えば敷物やボウルなど)の表面に描くのを除いて,人間や動物の姿を描き取ることは許されていません。したがって,宮殿やモスク, またその他の建築物には, イスラム教徒の芸術家たちは,素晴らしいアラベスクを創造してきたのです。これは,花々や幾何学模様(例えば円, 四角形,三角形など)の描写がある非常に美しい装飾です。彼らはまた,アラビア書道,すなわち書体を1つの芸術形態として使用することで,並々ならぬ倉|」造性と規律を示してきたのです。

 

 

Section5

アフリカおよび太平洋諸島の伝統芸術

 

芸術はまた,アフリカや太平洋諸島の伝統文化の宗教的信条を反映しています。それどころか,宗教はこういった芸術の目的であり, したがって宗教は芸術に絶対的に欠かせないものなのです。けれども, キリスト教の芸術,つまり人々に宗教心を持つように促す芸術とは違って,アフリカや太平洋の伝統芸術の目的は,超自然的な存在すなわち神々に,人々の生活へと入り込むように促すことです。それぞれの部族や村は,作物や家畜,そして部族の人々が健全でいられ, さらに確実にその数が増えるようにするために,歌や踊りを含む特別な儀式を行います。 こうした儀式で踊り手たちは,神々を促すのに必要だと彼らが考える独特の仮面や頭飾り,そして衣装を身につけます。このような仮面や頭飾りは,その芸術の非常に重要な部分を占めています。

 

伝統的な部族文化の中で,仮面や頭飾り,彫像などの芸術作品は,ただ美しさを求めて作られるわけではありません。それらはまた宗教と日常生活の両方にとっても欠かせないものなのです。芸術と宗教を,狩り,争い,移動,農耕,出産などの日常の活動と切り離すことは不可能です。例えばメラネシアのソロモン諸島では, ありふれた日用品に施す美術的な特徴は,その品物を使って成果を挙げるために不可欠であると考えられています。狩人あるいは兵士の槍にある,人や動物の小さな像は,槍がその標的(すなわち追っている動物や戦いでの敵)に刺さるのに役立つと信じられています。また,船のへさきにつけ

 

られた小さな彫像は,その船が目的地に到達するのを助けると考えられているのです。伝統芸術が持つ機能の別の例は,アフリカにあるマリ共和国のバンバラ族の人々が,儀式で頭飾りを用いることです。 こういった頭飾りはまぎれもなく装飾的ですが,その美しさのためにこれらが作られたのではありません。頭飾りを作った目的は,作物が育つのを促すためです。作付けの時期に,農耕の始まりを祝う踊りの中でバンバラ族の人々が身につけたのです。同じように,バコンゴ族の人々の間では,役害'lを持った木製の人や動物の像が種類豊富にあります。祖先をかたどった小さな彫像は未来を予言し,母親と子供の像は女性が赤ん坊を産む時のお守りとなります。すなわち,多くの文化における芸術は,欠くことのできない実用的な役割を果たすと信じられているのです。

 

Section6

人々の芸術のとらえ方

 

これまで見てきたように,芸術は文化によって異なります。同様に,人々の芸術のとらえ方もまた,その文化的背景によって決まります。大部分のヨーロッパ人やアメリカ人にとって,芸術は主に装飾としての役害llを果たしています。芸術とは美術館の壁にかかっているか,あるいはガラスケースの中にあるものなのです。芸術によって,家がずっと素敵になるのです。人々はそれを眺めてほれぽれとし, こう言うかもしれません。 「ああ, なんと美しい絵画だろうか! 」 「この線と色がことのほか好きだな。 」装飾に加えて, こうした芸術には,思想が表現されていることが少なからずあります。 「これは素晴らしい彫像だね。実に力強く反戦を表現しているよ。 」 と賞賛者は言いそうです。 ところが,世界のその他の多くの地域では,芸術は日々の暮らしから切り離されているとは考えられていません。芸術には役害llがあるのです。ある部族社会のある人が,仮面を見て言うかもしれません。 「ほほう, これはうってつけの仮面だな。私の家を守ってくれるだろう。 」要するに,人々の芸術の楽しみ方は,彼らの文化によって決まるのです。

 

Section7

社会変化の反映としての芸術結論

 

結果として,芸術とはさまざまな文化を反映するものといえます。

しかし芸術は,異なる文化が互いに影響し合う時に起こる社会変化もまた映し出します。部族社会出身の人々が都市部へと移るにつれて,彼らの価値観や信仰が変わり,さらに彼らの古来の芸術形式がその役割を失い始めます。例を挙げると,ほとんどのバンバラ族の人々がイスラム教に改宗した時,彼らは作物を生育させるための儀式をやめました。改宗した宗教が,頭飾りは神聖ではないと説いているので,彼らはそれらを使うことをやめたからです。今ではバンバラ族の芸術家たちは,そうした頭飾りを外国人観光客のためだけに作っています。そうした頭飾りには何の役害'lもありません。その一方で,都市部の芸術家らは,伝統芸術から多くを学んでいます。アフリカの仮面や彫像はパブロ・ピカソに多大な影響を与えましたし,ポール・ゴーギャンは南太平洋の文化に深く感化されました。アメリカやカナダの大勢の芸術家たちは,日本画の持つ簡潔さについて研究しています。その結果,世界が「より小さく」なるにつれて,それぞれの文化が持つ芸術はさらに国際的になるのです。