CROWN2 LESSON4 Optional Reading Triage 和訳

 Triage

貫戸医師はマドュの難民キャンプで下した決断について語る。

瀕死の少年のための酸素(ボンベ)を停止した。

*~ing:しそうな(死人はdead boy)

これは貫戸医師にとって個人的に非常に困難な決断だった。しかし決断に際して、トリアージ(重症度判定検査)という承認された医療行為に準じていた。

 

トリアージは患者の病状の重度に応じて治療の優先度を決定するプロセスのことだ。

あらゆる患者を早急に治療するための医師や薬、機器が十分にないときに、トリアージは治療の優先順位を決める。

トリアージは第一次世界大戦のフランスの戦場が起源となる。その時、負傷した多くの兵士を治療していた医師は、最初に誰を治療するかの決定を迅速に下さなければならなかった。

「triage」という用語は「分離する」もしくは「選ぶ」を意味するフランス語の動詞trierからきている。

 

戦場から負傷兵を引き離す医療班は被害者を三つのカテゴリーに分けた。

(1)たとえ治療を受けなくても生きるであろう人

(2)たとえ治療を受けても助からないであろう人 そして

(3)早急な治療が生死を分けるであろう人

 

三つめのグループの兵士は最初に医療を受けられる。

現代ではトリアージは第一次世界対戦のそれより洗練され科学的になってはいるが、地震や電車事故や類似の災害で被災者が医療施設より圧倒的に少ない時、医療優先の決定はいまでも下だされなければならない。

災害が起こり、その場に多くの救助員がいる場合は医師や救急救命士が全員を治療するだろう。

しかし、事故の初期段階で1,2人の救急救命士が20人以上の患者を助けなければならないときは、第一次世界大戦のトリアージモデルを使わなければならない。

 

貫戸医師は破滅的状況に直面したことはないが、限られた酸素ボンベの最適な用途を決断しなければならなかった。

トリアージのガイドラインに従い、助かるかもしれない他の人にボンベを残すために、瀕死の少年から酸素ボンベを使用しなかった。