CROWN2 LESSON5 Optional Reading Reviving Warrongo 和訳

Reviving Warrongo

チェロキー語だけが絶滅の危機にある言語ではない。

世界中で人々は伝統言語の復活の活動をしている。日本人言語学者の角田太作もその一人だ。

 

1971年、学生だった頃、角田はオーストラリアの北クイーンズランドで実地調査しに行った。そこで彼はアルフ・パーマーという名の男とあった。彼は、この地域で原住民が話すワルング語を流暢に話せる最後の話者だった。

 

角田は思い出す。「彼と実地調査をしていた時、彼はこう言ったものだ。『私はワラング語を話す最後の人間だ。私が死ねばこの言語も死ぬ。私の知っていることを君に全て教えるから、正しく書き留めてくれ。』」

角田はその言語を保存しようとして、ついにはワロング語の辞書を作り、ワロング語の文法(2011)という本を書いた。この本は彼の師であるアルフ・パーマーに捧げられた。

 

30年語の2002年、北クイーンズランドにあるワロング語のコミュニティが、彼らにワロング語を教えに戻ってきてくるよう角田を招待した。アルフ・パーマーは1981年に亡くなったため、ワラング語の流暢な話者はもはやいなかった。角田だけが、ワランゴ人に先祖代々の言語を学ぶ手助けができる唯一のワランゴ語話者だった。角田はワランゴ人に暖かく迎えられた。彼は遺産的言語を彼らに教えることで感謝を示した。

 

北クイーンズランドでのとある滞在の間、角田はパーマーの墓に訪れた。そこでは彼は師であるアルフ・パーマーに自分が言語を復活させていることをワラング語で話し、ワロング語の文法の本を彼に見せた。

 

言語はあなたと先祖をつなぎ、それは非常に大切なあなたのアイデンティティーの一部だ、と角田は言う。

彼はこう説明する。「言語は容器のような何かだ。言語が消えたとき、伝統知識を伝えるのが非常に困難となる。他の言語に翻訳しえないある種の文化の側面がある。」