CROWN1 LESSON1 Optional Reading PictOLYMPIgram 和訳

ピクトグラムは私たちの日常生活の一部だ。それらはどこででも見るし、そこからあらゆる有益な情報を得る。

ピクトグラムはどれほどの間私たちと共にあったのだろうか?

 

最初のピクトグラムはおよそ1万8千年前に石と洞窟壁で作られた。それは出来事やその他情報を記録するために使われた。

ピクトグラムはのちに古代エジプトの形象文字や漢字などの書記体系に進化した。

 

現代では世界のますます国際化が進むにしたがい、ピクトグラムの重要性が増してきている。

ピクトグラムは世界中の異なる場所から来た人々が集まる場所でとりわけ有用だ。例えばオリンピックを例にあげると、ピクトグラムは人々が簡単に理解できるため有用である。

 

オリンピックのピクトグラムはかなり新しいものだ。実際の最初のオリンピックのピクトグラムは1964年の東京オリンピックのために勝見勝とデザイナーチームによって作られた。

彼らはヨーロッパだけでなく伝統的な日本のデザインである家紋、つまり家の紋章からもアイデアを借りた。

*not only A but also B: AだけでなくBも

東京オリンピックの間、彼らのピクトグラムはレストランやトイレだけでなくスポーツのイベントを示すのにも広く使われた。今、これらのピクトグラムで世界中で使われているものもある。勝見と彼のチームは彼らのピクトグラムが国際的な共有財産になるようデザインの著作権を放棄した。

 

東京オリンピック以降、主催国は異なる一連のピクトグラムを作り出してきた。

1968年のメキシコオリンピックでは彼らは伝統的なメキシコの芸術の色を用いた。

オーストラリアではピクトグラムにブーメランを用いた。中国ではピクトグラムは漢字のように見えた。

2012年のロンドンオリンピックではより本当の写真のように見えた。オリンピックのピクトグラムは変化するかもしれないが、東京オリンピックのピクトグラムがオリンピックのピクトグラムの基準を定めたのだ。