VISTA 1 Lesson5 Lesson6 Lesson7 Lesson8 和訳

lesson      Baobabs in Madagascar

私はある特殊な木を見せたい。

これの名前を知っているだろうか?これはバブバブだ。

星の王子様では、王子は、バブバブは強くこの星中に広げることができると言う。

しかしそれは本当なのだろうか?

 

マダガスカルで見られるものの一つに「バオバブ・アベニュー」がある。

この大通りは次のように発展した。

まず、原住民が森を焼いた。そして、彼らは耕すための土地を準備した。

その後、多くの木や植物が死んだ。しかしバオバブは生き残った。

これらは樹皮の下に水をたくわえている。

 

しかし、問題があった。人々がバオバブの樹皮をロープや薬を作るために使うのだ。

彼らが地面にあまりに大量の水で満たすと、バオバブの根が死ぬ。

牛がバオバブの芽を食べる。今や毎年、バオバブは次々と消滅している。

バオバブの木を守るためになにか方法を知らないだろうか?

 

lesson      Toothbrushing in Edo

私のおばあちゃんの趣味は浮世絵を集めることだ。

浮世絵は世界中でよく知られている日本の芸術だ。

この絵の男はなにか面白いものを掴んでいる。

これはふさようじ、つまり江戸時代の歯ブラシである。

彼は舌を掃除するのにもこれを使う。

 

小さな棒で歯を洗うことは古代インドで始まった。

この習慣は仏教と共に日本に渡った。

江戸時代中期、ふさようじが人気となった。

次の絵は有名なふさようじ店の客を示している。

江戸の人々は自分たちの口を綺麗に保つことに非常に関心があった。

 

初めて売りに出された日本の歯磨き粉は1625年に現れた。

多くの行商がその歯磨き粉を江戸の道で売った。

行商人はよく、客を惹きつけるために長い刀やトップを使った。

私は江戸の文化について学び、それについてみなさんに話すことは本当に楽しいです。

 

lesson      Machu Picchu

ゆい:これらの石は全て建物なの?

マイク:うん。これらは宮殿、神殿、そして家なんだ。

ゆい:インカ人は大きな石での建築が得意だったのね。石はすごくよく組み合ってるわ。

マイク:その通り。インカ人は山々の都会所に街を構築したんだ。

ゆい:じゃあここまで来るのは大変だったんじゃない?

マイク:そうだよ。だけど、今じゃこの場所はとても人気な旅行スポットになったんだ。

ゆい:この大きい石はなにかしら。こんな形の石は見たことない。

マイク:

ゆい:

マイク:

ゆい:

マイク:

ゆい:

マイク:

ゆい:

 

lesson    Motala and Landmines

タイでは、人々と象はとてもよい友だった。彼らは数百年の間、共に暮らし働いてきた。

象のための病院さえある。その病院は100匹以上の象を取り扱ってきた。

今も何十匹もの像がそこで預かられている。

モタラは芸術的な足を持つ象として知られている。

 

「モタラ」は「緑さん」を意味する。彼女は緑の森では木材を運ぶのに使われていた。

ある日、彼女は片方の足に大きなケガを負った!彼女の飼い主はショックを受けた。

彼は頑張って自分の象を病院に連れて行こうとした。3日後、彼らはやっと病院に着いた。

 

病院の出資者であるソライダ・サルワラはケガした足みて、モタラの命が危ないとわかった。

しかし希望は潰えなかった。その医師は彼女の足を切断することを決めた。

手術は成功だった。

モタラは人間のせいでケガをしたのだろうか?

そうだ、しかし彼女は人間によって救われもしたのだ。

ソライダはこう言った。「この世界は私たちにとって、そして象にとってもより良い世界にすることができる。」