FLEX2 Lesson10 Larry Page and the Dream of Google

Part

1


ほとんどの人はグーグルをインターネットでものを探すために検索エンジンとして知っている。するべきことはキーワードを入力するだけだ。そうすればグーグルはすぐに関連するウェブサイトのリンクを示してくれる。これは私たちの「情報社会」において非常に有用な道具である。グーグルを創設した二人のうちの一人はラリー・ページである。

1988年、彼が博士課程の学生だった頃、新たな夢が彼のところにやってきた。

最終的にこの夢はグーグルの誕生という結果になった。

この夢を実現するのは簡単ではなかったが。

それには多くの仕事が必要であった。

まず彼と同じ課程にいたもう一人の学生であったサジー・ブリンは会社を始めた。彼らは友人のアパートで事務所を開いた。

彼らのビジネスは世界規模の事業となった。

また、これは人々の生活を劇的な方法で変えることとなった。

2009年にはラリー・ページはミシガン大学の卒業式でスピーチをした。そこで彼は彼と友人がどのようにしてなんとかグーグルを立ち上げたかについて話した。

彼はどのようにして他の夢が達成されるかについても話した。

次のセクションでは彼の話したことにいくつか含む。

それを読んでみて、そして私たち地震の夢について考えてみよう。

Part

2


私は次のような夢について話がある。

もしくはおそらくもっと正確に言えば、これらの夢を現実にする道筋を見つけることについての話である。

鮮明な夢で真夜中に起きるのがどのようなことかわかるだろうか?

そして、もしベッドサイドで書き下す鉛筆とメモ帳を持っていなかったとして、翌朝には忘れ去ってしまうことも分かるだろうか?

ええ、私が23歳のとき、そんな夢が一つがあった。

私は急に目覚めて私は考えていた。もし私たちが全てのウェブサイトをダウンロードし、リンクを保存することさえできればどうだろうか…私はペンを握り書きだしていた!ときおり、起き上がってとめどなく夢見ることは重要である。あの真夜中を詳細を書き出して、それは上手くいくと自分に言い聞かせてた。

その後すぐ、私は顧問であるテリー・ウィノグラードに、ウェブをダウンロードために数週間かかるだろうと言った。
彼はさらに長い時間かかるとしっかり認識していたが、私にそう言わなかい程度には賢明であった。
若者の楽観主義はよく過小評価される。
意外にも、私には検索エンジンを作りあげるという考えはなかった。
その考えは私の意識の中にさえ全くなかった。
しかし、かなり後に私は偶然にも真にすぐれた検索エンジンを作るための、ウェブサイトを順位付けするもっといい方法を見つけた。

これがグーグルが生まれた瞬間だった。
本当に良い夢が現れたとき、それを掴みとってほしい。

Part

3


私がここミシガン大学にいたとき、実際どのように夢を叶えるかを教わった。
おかしく聞こえるのはわかってはいるが、それがリーダーシェイプと呼ばれる訓練プログラムへと形を変えたサマーキャンプで私が学んだことだ。
そのプログラムのスローガンは、
「不可能と思われることを健全に無視をする」だった。
あのプログラムは、あの時
とち狂ったアイディアを追いかける私の励ましになった。
バスに代わる、キャンパス内での個人向け高速輸送体系を私は作り上げたかったのだ。
それは私たちの交通の問題を解決する未来のような手法だった。
私は今でも交通に関して多くのことを考えている。
夢を失うことはない。その夢は趣味として生まれ変わる。
料理や掃除、車の運転のような、いま人々が懸命に働いている多くのことは、未来では人が費やす時間はずっと少なくなるだろう。
つまり、「不可能と思われることを健全に無視」をして実際に新しい解決法を構築すれば、そうなる。
一流の人たちは大きな挑戦に取り組みたがるものである。
それがグーグルに起こったことだ。
私たちには使命があった。
世界中の情報を整理して、例外なく利用可能で役に立つものにしなければならなかったのだ。
これに興奮しないことなどあろうか?

Part

4


しかし、共同設立者であるサジーと私は博士課程を中退することについてとても心配したので、私たちはグーグルを始めそこないそうだった。

もしあなたが嵐の中で路肩でいも虫のようだと感じるのなら、
おそらくあなたは正しい道へ進んでいる。
それはおおよそ私たちが、クレジットカードの口座を使い切って、出所のわからないハードディスクを買った後に感じた気持ちだ。
それがグーグル初のハードウェアだった。
その後、私たちは両親と友人に頼ることとなった。
カードはより多いほど助けになる。
世界を変える方法を一言で要約すると何だろうか。
気持ち悪いほど興奮するなにかに、常に懸命に取り組むことだ。
博士課程の学生だったときに、私は取り組みたい計画が3つあった。
幸運にも私の顧問は
「君はしばらくの間ウェブに取り組んでみてはどうだ。」
と言ってくれた。
彼は素晴らしいアドバイスをくれたのだ。
1995年当時でさえ、ウェブはすでに人々や活動と一体となって、急成長していたからだ。
技術、特にインターネットは実に人々を怠け者にする。
怠け者?と思うだろう。
私が言いたいのは、数百万人が利用できて楽しめるソフトウェアを、
たったの3人で書くことができるということだ。
3人で1日に100万回の電話に応答することができるだろうか? 
世界で有効な手段を見つけよう、そうすればもっと怠け者になれる。
概して、世の中は厳しい世界のように思われことはわかっている。
しかし、少しだけ狂って好奇心に従いそれに志を持つことは、
実に人生で良い時間である。
夢を諦めるな。世界はあなたを必要としている。